多額のローン返済で焦げつきやすい人の増加

家の模型と電卓

超低金利の続く時代なので従来以上に気軽にローン借入を増やす人が増えているようです。しかしながら、年収に対するローン返済金の比率が高くなっているので、自分や家族の身の回りに想定外の出来事があれば返済の滞りやすいケースが増えているといえます。調査機関の調べでも住宅ローンの焦げ付き割合がここ数年で徐々に増加し、様々な手段を講じても最終的に建物を任意売却したり、競売にかけたりするケースが増加しているようです。このため、家計に何らかの事情が発生して焦げ付きそうになり、金融機関の相談窓口が込み合っているそうです。ローン返済を身軽にするには月々の返済金を減らすため更に低い金利の住宅ローンに乗り換える方法が第一に考えられます。

ローン残債精算後も残る恐れのある売却損

間取り図

その他に、月々の返済額を減らすか、返済年数を延ばす等、ローンの繰り下げ返済をして凌ぐ方法もあります。ところが、繰り下げ返済は収入を増やすか、支出を減らさない限り一時凌ぎにしかならないようです。最終的には住まいを売却して住宅ローン返済に充当することになります。住まいを売却する場合、ローン残債より高値で売却できればローンを完済し、アパート等へ住まいを移して落着するケースもあります。しかしながら、建物は一旦、入居すると新築プレミアムを失って自分の購入価格より売値が下がり、売却してローン残債を精算しようとしても売却損の発生するケースの方が多くなります。このようなケースで既に滞納が続いていれば金融機関は相談を受けると事故債権扱いして任意売却することになります。

ローン精算するのに競売を避ける金融機関

男性

抵当権を抹消してもらう約束を取り付けて売却し、ローン残債を精算しますが、精算し切れない売却損については時間をかけて少額ずつ返済する方法です。ところが、滞納が続いて金融機関から支払い請求の督促状を受けても放置していると住まいを競売にかけられて任意売却よりずっと安い価格で売却されてしまいます。競売で安く売られてしまえば売却損が一層大きくなり,精算後でも多額の債務が残ってしまうわけです。従って、住まい売却後の家族の生活を考えれば精算後の債務をできるだけ少なくしたいはずですから競売より任意売却の方にメリットがあります。強制的に売却される競売と違って任意売却は金融機関の了承を取り付けて一般的な市場相場に近い価格で売却することができます。結局のところ、住まいを手放す事態になって売却損を受ければ家庭にとって何も良いことでないわけです。そこで、住宅ローン融資を受ける際に家計に想定されるイベント支出以外に想定外の出来事が起こっても相当な資金面の余裕を残しておくことが肝要なようです。

広告募集中